忍者ブログ

旭日旗  大東亜饅頭

いいものは褒め契り、わるいものは奈落の底に廃棄する。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

☆きゃりーぱみゅぱみゅパフュームらが靖国で演舞。2014年「平和の誓い」は最高潮へ。

2013年末、やっと安倍首相が、靖国神社を参拝してくれました。ありがとうございます! これで2014年も明るく行けそうですが、何故か、文句を言う輩が居るらしい。 国家のために散ったご先祖に尊崇の念を捧げるのは、どの国でも行われている当然の行為だ。今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけはない。

1.靖国の意義。

靖国神社は、「靖国で会おう」を合言葉に闘い亡くなられた英霊方との「約束の地」である。そして国に残った者達が、英霊を御迎えし祀ると約束した、英霊帰郷の地でもある。 元大日本帝国民にとって靖国神社に行くことは、英霊方を御先祖様とするその子孫として、英霊の集合場所に参拝する形となる。 しかし、そこで信教の自由は保障されており、靖国の仕組に賛同できない人や参拝したくない人に対する義務は無く、賛同しなくても参拝しなくてもそれぞれの自由である。また、敬意を払って下さる方々、或いは、危害を加えない限りでの外部の方々の参拝も受付ている。 靖国境内には、世界のすべての戦没者を慰霊する「鎮霊社」もあり、安倍晋三は、当然そちらへも参拝している。


2.日本が戦った「大東亜戦争」は、侵略だったか自衛だったか。

明白である。 日本は、米国によって追い詰められ、やむなく開戦した。そして「アジア諸国を、植民地支配から次々と開放」したが、補給線を断たれ、敗戦が決定的となり「東京大空襲」や「原爆投下」され降伏した。 ちなみに、【ABC級戦犯】とは? 「東京裁判」における戦争犯罪人の区分で、【A級戦犯】平和に対する罪 【B級戦犯】通例の戦争犯罪 【C級戦犯】人道に対する罪とされる。「事後法」(実行のときには適法であった行為に対して、のちになって刑事責任を問うことを定める法令)により、【B級戦犯】に、あとから【A及びC級戦犯】が加えられた。 「東京大空襲」や「原爆投下」は、一般国民に対する「無差別大虐殺」なので、「ハーグ陸戦条約」にも違反しており、明白な「平和に対する罪」「人道に対する罪」である。 「原爆投下」の目的は「ソ連への威嚇と人体実験」である。 そして、戦勝国による「東京裁判」という茶番劇により、日本は、「侵略国」「戦犯」などの汚名を着せられた。 しかし、国を護った祖先をお参りするのは当然であり世界の常識なので、諸外国が日本に対し文句を言うのは、「内政干渉」であり可笑しいだろう。




反日勢力が日本国民に知られたくない【大東亜戦争】世界の声

3.中韓は放置で。

特に中韓は、「自国政府に対する不満を誤魔化すために日本を悪く言うことで知られている」し、彼らは姑息にも、「これを政治利用して日本を攻撃し、賠償金を取ろうとする」このような汚らしい国々とは「絶交した方がいい」ので、別に放置でいいのだが、米国やロシアやEUまで何か言ってくるのは了承できない。 恐らく、「大東亜戦争」における上記の真実を、理解していないからだろう。また、ロシアは、戦争終結時に、「日ソ不可侵条約」を破り侵攻したり、「シベリア強制労働」で日本人を34万人殺した負い目があるため、日本には悪者になってほしいわけだ。 故に、日本が、正しい歴史を彼らに教えてあげなければならないが、その努力を日本が怠っているのが問題である。つまり、日本が「諸外国にキチンと説明すれば済む」問題である。簡単なことだ。 

4.反日馬鹿も放置で。

さて、国内でも、参拝に関して文句をいう反日馬鹿が大勢居る。 「サンデーモーニング年末スペシャル~戦争の火ダネ」2013/12/29/0800-1125 では、岸井成格(きしい しげただ)が、「歴史認識が間違っている、なぜ問題か、最近の若い人は知らない、政教分離というのは憲法の原則、ここでA級戦犯を奉っちゃった、天皇も参拝してはいけないと思っている」と発言、司会の関口宏も、「なんかこう違うような動きがどんどん出てきてますが」と発言、寺島実郎(てらしま じつろう)も、「天皇が民主主義を真剣に考えている(民衆が参拝に反対している)」と発言。 このような局は、国家権力で解体すればいい。笑。


 反日放送局「TBS」の反日番組「サンデーモーニング」の反日馬鹿ども。

失笑である。 彼ら「反日似非文化人」どもは、「なぜ問題か最近の若い人が知らないので誤魔化せる」と思っているのだろう。 だいたい、政教分離(政治が特定の宗教に関与しない)は、「米国が作成した日本国憲法にある条文」。ならばそれを「改正」すればいいだけ。 そして、政教分離の意義としては理解できるが、「国家は、特定宗教の布教、宣伝のための宗教的活動や財政的支援を行ってはならない」と規定すれば済むだろう。それを改正できないとすると、日本人が無能だということで話は終わり。 ちなみに、米国では、政教分離をうたっていながら、大統領就任式のときに聖書に手をのせ神に誓いをたてることが問題になったことは一度もない。笑。 そもそも、国家の貢献者に対する「慰霊」を禁ずる必要があるのか??? そして、「慰霊は」宗教的行為なのか?習俗的行為ではないのか? 「反日似非文化人」どもの呟きを聞く暇は無いのだ。

5.反日馬鹿が天皇陛下を政治利用する。

また、天皇陛下は、近年参拝されていないが、その根拠として、「戦犯を一緒に奉ったことに不快感を示されていた」という富田朝彦元宮内庁長官の「富田メモ」があるが、前記したとおり、日本の戦犯とは、そもそも「戦勝国による単なる濡れ衣」であり、戦犯合祀がご親拝とりやめの原因なら、その後も春秋例大祭に勅使が派遣され現在に至っていることや、皇族方が参拝されている事実をどう説明するのか。むしろ、「A級戦犯と呼ばれる英霊方にこそ、尊崇の念を捧げるべきではないのか。 昭和天皇の側近だった木戸幸一元内大臣の「木戸日記」には、昭和20年12月、昭和天皇が「米国より見れば犯罪人ならんも我国にとりては功労者なり」と言われたとの記述がある。それ以前に、天皇のご胸中を忖度(そんたく)すること自体、「天皇の政治利用」であり許されない。

6.安倍晋三の平和の誓い。

そもそも、安倍は、参拝において「恒久平和の誓い」を宣言している。「二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たして行く」と明確に宣言している。靖国境内にある世界のすべての戦没者を慰霊する「鎮霊社」にも参拝している。 この、「平和の誓い」に文句があるような国家及び人種は、無視してOKである。w

7.2014年、きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfume(パフューム)らが、靖国で演舞。

近頃、日本では、世界文化遺産、神社などでの演奏会が盛り上がっている。 歴史的な日本、すなわち我々の父祖により築かれた日本の歴史は、豊かな情感、精緻な技術、そして潔い行動、に特徴づけられる。 いま、世界に喧伝されている「クール・ジャパン」も、このような日本の歴史の特徴から生まれており、その特徴が集約されたのが日本各地の世界文化遺産である。 現在の日本の第一級アーティストが、靖国で演舞するなら、英霊が喜ばないわけがない。 個人的には、日本が誇る美少女アイコン、きゃりーぱみゅぱみゅや、Perfume(パフューム)に、是非、演っていただきたい。 知的なエキサイトこそが、これからの日本を支えていくはずだからである。


8.オマケ1 日本国民の声

◆ 九州・山口から称賛の声 「日本人の偽らざる気持ち」「英霊も喜んでいる」「当然の行為」
◆ ルポライター鎌田慧さん 「平和を願う市民の気持ちを踏みにじる暴挙」
◆ 東北・各地で 支持の声 「やっと当たり前のことができた」「中国、韓国は内政不干渉であるべきだ」

9.オマケ2 東南アジア諸国の声

インドネシアで最も影響力のあるコンパス紙は、東シナ海の領土をめぐる日中の緊張が高まっているこの時期に行ったのは「適切なタイミングでなかった」としつつも、「(靖国問題で)自らを被害者と位置付ける中韓の主張は一面的な見解だ」とクギをさした。 同紙はさらに、「靖国神社には、現在は戦争犯罪者と見なされている数百人だけでなく、戦争の犠牲となった(各国の)約250万人も祭られている」と指摘し、「国に命をささげた人々のために参拝することは日本の指導者として当然だ」とする安倍首相の立場にも言及、一方、シンガポールのストレーツ・タイムズ紙は、安倍首相が参拝に踏み切ったのは、これまで摩擦を避けようと終戦記念日や春秋の例大祭で参拝を見送ったにもかかわらず中韓が強硬姿勢を崩さず、「冷え切った中韓との関係に改善の見込みは少ないと見切ったためだ」との分析記事を掲載。中韓の敵視政策が逆に参拝の呼び水となったとの見方を示した。

ペ・ヨンジュン 배용준 Bae YongJoon 裵勇俊 イ・ジュンギ 이준기 Lee JunKi 李準基 チャン・グンソク 장근석 Jang GeunSuk 張根碩 イ・ビョンホン이병헌 Lee ByungHun 李炳憲 ハン・ヒョジュ 25049 한효주 Han HyoJoo 韓孝珠




生粋の日本人、もしくは大和魂を持つ方はクリック。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Profile

HN:
日本陣
出身:
奈良
メール:
daitoua.samurai@gmail.com

リンク

ブログ内検索

最新コメント

[08/11 NONAME]
[09/29 NONAME]
[09/24 NONAME]
[09/21 NONAME]
[09/21 NONAME]